Skip to content

借入件数を減らすことが出来るおまとめローン

m

銀行カードローンの返済が出来なくなり、自己破産が13年ぶりに増えて来ています。新聞紙上で取り上げられるくらいの、問題にもなっています。

大きな問題は、消費者金融からの融資ではなく、銀行からの融資と言うことです。カードローンを利用し融資を受ける理由として、審査が簡単に通ることがあります。

銀行カードローンと同様のローンに、消費者金融のカードローンがありますが、利用額等の違いもあることから、利用者の数は逆に伸び悩んでいると言われます。消費者金融が販売するカードローンは、賃金業法に関わることから、総量規制があり融資を受ける金額が、借りる人の年収の3分の1までと規制されています。

年収が、300万円の人は100万円が融資を受ける限度額となります。更に、他社等を含め、既に利用額が発生している場合は、利用額分が差し引かれることになります。つまり300万円が限度の人が、既に100万円を借りている場合は、次の融資額は最高でも200万円になります。

この総量規制があることで、大きな融資が不可能になり、金利も莫大な数字にならない工夫がされています。この金額の融資額規制が巌しくなっている消費者金融と比べ、銀行カードローンに対しては、その規制がありません。

そのため銀行カードローンを利用し融資を受ける額は、年収に関係なく銀行側の裁量によって決まることになります。初めて銀行カードローンを利用する場合、多くの額を融資をしてくれる訳でもありませんが、利用頻度が増えて信用が付くと、融資額が増えていくことになります。

そのことから、銀行カードを利用しやすいと感じることになるのでしょう。

カードローンの利用方法と返済への問題

また銀行カードローンと消費者金融カードローンの違にあるのが、実態調査があります。消費者金融に対しては、利用者への実態調査を定期的に行うことの義務付けがありますが、銀行カードローンに対してはその義務を課していません。

そのため、詳しいデータもなく、放置状態と言っても良く、そのため返済が不可能になってしまう人も、増えていると考えられています。銀行カードローンを含め、消費者金融のカードローンの利用目的は、生活費の補填が一番と言われています。

月末になり、生活費が足りなくなった時とか、急に現金が必要になってしまった時の対応などに利用されることが、理由として多くなっています。しかし中には、借金の返済に使うと言う人もいることから、大きな問題になって来ると考えられます。

カードローンの返済をするために、カードローンを使う人がいると言うことです。これを繰り返すと借金が減ると言うよりも、下手をすると利息が増えるだけのことになってしまうことも考えられます。元金が少なくなることなく、利息だけが増えることで、返済する金額がうなぎ上りとなって増えて行く、悪循環を辿ることになってしまいます。

この悪循環を断ち切るために行われることが、借入件数を減らすおまとめローンです。このローンの目的は、いつの間にか増えてしまった債務を一本化することで、借入件数を減らし月々の支払い負担を少しでも楽にする方法です。

出来るだけ金利の低い金融機関を選び、融資を受ける金融機関を一本にすることで、残り複数の金融機関へ全額返済をしてしまう方法です。

おまおめローンの利用方法を考える

c

借入件数を減らし金融機関を一本化することで、おまとめローンと呼んでいます。おまとめローンを組むメリットは、金利が下がることで、返済総額が少なくなります。更には、借入件数を一本化したことで返済する日が月に一度となり、混乱を起こす心配が少なくなると言うことです。

返済する金融機関が複数の場合、返済日が複数あることで、その都度面倒な手続きの必要が出て来ます。おまとめローンは、債務整理とは違い、信用情報に登録されることなく、履歴に傷が付くことはありません。

簡単におまとめローンと言いますが、普通のカードローンと違い簡単に審査が通るとは限りません。一般的なカードローンと違い、融資金額が増えることになります。そのため、どうしても審査が巌しくなってしまいます。

過去において、返済に不安な傾向があった場合などは、審査に通ることが難しくなる場合が多く、誰もが利用出来るローンではないと言うことです。またこのローンが組まれたからと言って、借金の額が減った訳ではありません。

一般的には、利息が少なくなる訳ですが、支払い期間が長くなると、結果支払い額が現在より増えると言うことも有り得ます。注意が必要です。ローンを組んでいる間は、別なローン会社の利用は避けるべきです。

新たなローンが組めないことから、別な会社を利用したと考えるのでしょうが、その場合契約違反になる恐れもあります。万が一、契約違反となった時は、一括返済を求められることもあります。

おまとめローンを組む時には、間違いを起こさないためにも、担当者とキチンとした打ち合わせを行っておくことが必要となって来ます。

比較しておくことの重要性は増しているとは

おまとめローンは、きちんと比較しておくことでとても大きなメリットがあります。現在では、様々なおまとめローンがあるということから比較することでもっともメリットの大きなサービスや仕組みを見つけていくことが出来ます。

比較するべき理由として、様々なものがあります。まずは、カードローンの審査が厳しくなっているためです。確実に借りたいということであれば、規制が厳しくなったということから穴場のカードローンを見つける必要性があります。一部のおまとめローンは、金利が高いなど条件が良くないことも比較することの重要性に繋がっています。

消費者金融と銀行のどちらを選ぶのかに関して

消費者金融と銀行のどちらを選ぶのかなどもおまとめローンを利用するということであれば、重視されています。どちらを選ぶのかに関しては、比較する上で大切なポイントになっています。

一般的に消費者金融は借りやすくて金利が高い、逆に銀行系は借りにくいけれど金利が安いとされています。

審査に自信があるということであれば、銀行系を利用する方がお得です。他の金融機関ではダメだったけどある金融機関では借りることが出来たという口コミなどもあります。しっかりと探していくことで審査に落ちたという人でも利用することが出来るおまとめローンは存在しています。

金利面と限度額も比較しておく

l_089

金利面と限度額は、きちんと比べておくことが大事です。どちらも優れていると評価されている銀行系のローンなどもあります。ただ、審査がかなり厳しいということでも有名です。口コミや評判などをもとにサービスの実情を知っておくことが大事です。

実際に、利用している人の意見はかなり参考になります。かなり大きな金額を借りると金利が1%を切るおまとめもあります。利息のことを考えれば、どれだけ低いローンを見つけていくのかが大事なポイントです。口コミなどでスピードで1位とされているサービスなどもあります。

すぐに利用したいということであれば、こうしたサービスを利用する方法を選択することも重要です。また、メジャーなところよりマイナーな金融機関の方が審査に通過しやすいという傾向性などもあります。どの金融機関でも審査に落ちているということであれば、マイナーの金融機関を利用してみることも大切です。

国から認可を受けている業者であれば、法律の枠組みの中でサービスを提供しているので安心して利用することが出来ます。審査を通りやすくするコツとして必ず1社ずつ審査を受けるということなども大切なポイントです。複数の会社で審査を受けている状態はそれだけでマイナスの評価になることが多いです。

また、おまとめと申告して審査を受けると通りやすいという部分などもあります。返済するために利用するということが前提となるためです。利用目的を明確化していくことで、金融機関側の印象もかなり良いものとなっていきます。

利息が低くなる効果が高いということから、おきとめを利用している人は増えています。そのため、金融機関側も様々なサービスを提供しています。新しいサービスなどもあるということから、こうした新しいサービスもきちんと検討してみることが大事です。

大手の金融機関などもよりメリットの大きなプランを増やしていることがあります。おまとめは審査が厳しくなるということを覚悟しておくことも大事です。なぜなら、借り入れ金額が大きくなるということや複数の借金がすでににあるということがマイナスとなっていくためです。

ただ、きちんと返済をしていれば利用することが出来る可能性はかなり高いです。返済が遅れたりしているとかなり不利になってしまいます。

インターネット上には、指標としてまとめているサイトなどもあります。こうしたおまとめローンサイトを利用すれば、各金融機関の利点やデメリットなども把握することが出来ます。実際に、利用していくということであれば様々な点から選択することがとても大事です。

利用者が増えているサービスは、人気となっている理由が必ずあります。人気があるサービスを見つけるという方法でもメリットをかなり大きなものとしていくことが出来ます。

重要なポイントには審査に自信があるか否かということがあります。ここを基準に利用するべきサービスを選択することが大切です。

審査に自信があれば、かなり魅力的なサービスも利用することが出来る可能性があります。信用力があれば、返済ということに関してもかなり大きなメリットを期待することが出来ます。いくら魅力的なサービスでも信頼できないサービスは利用しないことが大事です。

金融庁への登録を済ませているのかをきちんと確認してから審査を申し込むということがとても大切です。

おまとめを利用すると毎月の返済額が減るという人が大半です。毎月の支払い負担が減るということで順調に返済していくことが出来るということは、とても多いです。そのため、おまとめに切り替えて返済額を減らすことには大きな意味があります。